捜索依頼メールの一斉配信で迷い人の捜索を依頼

認知症の徘徊高齢者などの迷い人情報を、携帯電話にメール配信します。
小さなお子様の迷子情報のメール配信にもご利用いただけます。
登録されている「サポーター」により、迷い人を地域ぐるみで発見・保護するシステムです。
これにより、地域ぐるみでの徘徊事故対策などに役立ちます。

捜索依頼メールを一斉送信

登録されているサポーター宛に、捜索依頼メールを一斉送信することができます。

手間をかけずに運用できます

エリア毎に、捜索に協力いただけるサポーターを登録することができます。また、空メールを送信することで、協力者自身でメールアドレスを登録することができるため、運用コストを下げることができます。

QRコードで捜索サポーターを増やす

QRコードを読み込み、簡単な手順で、捜索サポーターに登録することができるので、捜索サポーター増を期待できます。

スマートフォン・タブレット対応

本サービスはスマートフォンやタブレットにも対応していますので、より多くの方に捜索協力をお願いすることができます。

キャリア(docomo/au/softbank)メール以外も対応

最近、増加しているWebメールにも対応しています。docomo、au、softbank以外の端末をお持ちの方でも、捜索サポーターに登録いただけます。

回覧板機能で、情報配信

模擬訓練の案内、認知症の勉強会情報など、捜索サポーターに対して任意の情報を配信することができます。

写真の登録

顔写真を登録することで、捜索の手掛かりとしてもらうことができます。もちろん、公開する/しないを捜索対象者ごとに設定することができます。また、公開する設定にしている場合でも、捜索を終了したタイミングで写真を見ることができなくなります。捜索の手掛かりを提供しつつ、プライバシーにも配慮することができます。

プライバシーに配慮

捜索対象者ごとに、お名前・ヨミガナ・住所・顔写真を公開する/しないを設定することができます。ご本人・ご家族の意向に沿った形で、捜索の協力を依頼することができます。

特徴的な機能 他社様サービスとの比較

メディベース A社様 B社様 C社様
協力者自身でのサポーター登録 ×
QRコードの簡単登録 ×
スマートフォン・タブレット対応 × ×
回覧板機能 × × ×
靴に貼る反射材(オプション) × ×

導入事例 兵庫県川西市の多田グリーンハイツの例

兵庫県川西市にある多田グリーンハイツは、6,249世帯・人口14,642人の自治会です。
2012年から徘徊見守りSOS(以下、本サービス)をお使いいただいております。

本サービスを導入する前は、自治会のエリア内で迷い人情報・捜索の依頼があった場合、
自治会の電話連絡網を使っておりましたが、電話連絡が全自治会員に行き渡るまでに時間がかかることが問題でした。

本サービス導入後は、ご家族からの捜索依頼があればすぐに捜索依頼メールを一斉配信し、早期発見につなげております。
早期発見には、迅速な捜索開始が重要です。
現在では、警察とも連携し地域のコミュニティで徘徊事故対策に努められています。

システム構成

導入シナリオ

1.ご要望などのお打合せ

まずは、お問合せください。お打合せにて、ご希望の運用方法をお聞かせください。

2.ご提案、お見積り書の提示

サービスの活用方法、導入・稼働スケジュールをご提案させていただきます。

3.ご注文・ご契約

ご導入が決まりましたら、注文書/ご契約の諸手続きにお伺いいたします。

4.操作講習

サービスの操作方法を、ご説明させていただきます。

5.捜索模擬訓練

サポーターの登録、捜索対象者の登録、捜索模擬訓練に立ち会いさせていただきます。

6.サービス本稼働

徘徊事故ゼロの社会を目指しています

お問合せください

デモ依頼、導入のご検討、ご質問等、何でもお問い合せ下さい。担当者より折り返しご連絡させて頂きます。

お電話

090-9982-0638